【動画】洪水で漏電したシャッターに触れ感電し動けない女性を必死に助ける

洪水で感電した女性

【動画】洪水で漏電したシャッターに触れ感電した女性を必死に助ける
女性の安否は不明
(中国)

Author: shock

10 コメント “【動画】洪水で漏電したシャッターに触れ感電し動けない女性を必死に助ける

  1. ゴム手袋なんて日常的にないだろバカかwww
    運動靴に手を入れればいいんだよ

  2. ニイハオ!!:(;゙゚”ω゚”): アラ、やだぁ~ 怖いわねえ~・・・・・(◎_◎;) うんうん♡

    1. おめぇ 「世界の観覧注意」も荒らしてるみたいだな
      いい加減にしろよクズ!


      1. てめえよう、ここでも他人の苦情コメントかよ???「 いぐすり 」ってところでも、同じ苦情コメント
        入れてよ~、何なんだよ? いい加減にしてくれよなぁ~? それになあ、クルクルパー 観覧っていう字の
        「かん」が、間違っているぞ??? ((´∀`)) わっははははは~っ!!! おとといおいでってなあ~??
        わははははは~っ!! ちゃんと、中学校卒業できたのかよなあ~??? ((´∀`)) わっははははは~っ!!
        いいか、これ 以上皆さんに、迷惑になるようなコメントは控えろやな??? 分かってんのかよなあ???

  3. 海外は電線の片方はアースが一部肩代わりしてる方式が有り(電線は2本)、この場合HOT側を触ると感電する、
    アースは手元の金属、
    尚、日本はCOLD側は電柱の下でアースされる、
    つまり距離が離れているので、体に流れる電流は制限される、
    又、漏電遮断器が付けられてるので、即断される。

  4. 又、中国では家に来る前の電気工事がいい加減で、既に漏電してて地中で電気が消費されてる場合が有ると言う、
    この場合、電気を使用すると、消費量が狂い「莫大は電気量を請求される、又は格安になってる」場合が有ると言う、
    この不具合を解消するには「漏電遮断器」を使用すると発見出来ると言う、
    つまり家内の漏電ではなく、家外の電気工事を発見出来る(苦笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。