【ショッキング映像】乗客20人が乗っているロープウエーのゴンドラ落下。14名が死亡する衝撃映像

【ショッキング映像】乗客20人が乗っているロープウエーのゴンドラ落下。14名が死亡する衝撃映像


【ショッキング映像】乗客20人が乗っているロープウエーのゴンドラ落下。14名が死亡する衝撃映像

恐ろしい事故はイタリアで起こり、5人のイスラエル人を含む14人のケーブルカーと重傷を負った子供が現地時間の5月23日日曜日に急斜面で転倒して転がった。

ストレーザ・モッタロンのケーブルカーは、マッジョーレ湖の町から観光客や地元の人々を連れて行き、海抜約1,400mのモッタロン山の頂上まで20分でアクセスできます。

ケーブルカーの乗客は、5歳のイスラエルの少年を除いて、すべて殺されました。子供はトリノ近くの小児病院で世話をしています。彼は危篤状態にあり、多くの骨の損傷に苦しんでいます。

イタリアの検察当局は、殺人と不本意な過失の容疑で捜査を開始した。調査官は、リードケーブルがどのように壊れたか、なぜ安全ブレーキ機構が作動しなかったのかについて焦点を当てます。

「私たちは経験的証拠から始めます。「ケーブルは切断され、安全ブレーキシステムは明らかに機能していなかった」と検察官オリンピア・ボッシは5月25日火曜日にロイターに語った。

最初の報告によると、ゴンドラがモッタローン山の頂上への20分の旅の終わりに近づくにつれて、斜面を上にキャビンを引っ張るケーブルが壊れました。

キャビンの負荷を保持する2本目のケーブルのブレーキ機構が作動しず、ゴンドラが後ろ向きに滑り込んだ後ろにポールに衝突して地面に落ち、列車は木に衝突する前に転がった。

イタリアのエンリコ・ジョヴァンニ運輸・インフラ大臣は、5月24日(月曜日)に墜落現場を見直します。彼は1998年以来、イタリアで最悪のケーブルカー災害を調査する委員会を結成すると発表した。

当時、ケーブルカーの乗客20人が低空飛行の米国の軍用機によって死亡し、列車が墜落したサポートケーブルを誤って切断しました。

「政府とすべての機関は、何が起こったのかを理解するために、その原因を理解することに自然にコミットしている」とジョヴァンニーナは記者団に語った。

ケーブルカーは2014年と2016年に大規模なメンテナンス作業を受けたことが分かります。定期的なチェックは、専門の技術者によって2017年と昨年に行われました。イタリアのメディアは、壊れたケーブルは寿命を終え、2029年に交換されるだけだと報じた。

一方、キャビンは最大40人まで収容できます。しかし、事故当時、キャビンはコロナウイルスの制限のために半分以下でいっぱいでした。事故は、COVID-19パンデミックのために長い停止の後、先月ケーブルカーサービスが開かれた後に発生しました。
(イタリア)
引用元:https://voi.id/ja/news/53931/kecelakaan-maut-kereta-gantung-di-italia-penyelidik-fokus-pada-dua-hal

Author: shock

7 コメント “【ショッキング映像】乗客20人が乗っているロープウエーのゴンドラ落下。14名が死亡する衝撃映像

  1. この恐ろしい事故は5月23日(日)イタリアで起こりました。
    ケーブルカーにはイスラエル人5名を含む14名が搭乗していました。

    ストレーザ・モッタロンのケーブルカーは、マッジョーレ湖の街の麓(ふもと)から
    モッタロン山頂まで約20分程でアクセスできる観光スポットとして知られています。
    14名の搭乗者のうち5歳のイスラエル人の少年を除き全員死亡が確認されています。
    少年は近くの病院で手当てを受けていますが全身を強く打ち複数の骨折があり意識不明の重体です。

    イタリア検察当局は、殺人と過失の容疑で調査を開始しています。
    リードケーブルがどのように壊れたか、安全ブレーキシステムがなぜ作動しなかったのかについて詳しく調べています。
    検察官オリンピア・ボッシは5月25日(火)に
    「ケーブルは切断され、安全ブレーキシステムに不備があった」とロイターに語っています。

    最初の報告によると
    ゴンドラがモッターロン山頂への約20分の終点へ近づくにつれてゴンドラを引き上げる
    ケーブルが断裂。キャビンの負荷を保持する為の2本目のケーブルブレーキ(安全ブレーキシステム)
    が作動せず、斜面を勢いよく滑り落ち、途中のポールに激突し地面に落下、木などには衝突せず勢いをつけ転がった。

    イタリアのエンリコ・ジョヴァンニ(下部構造大臣)は5月24日(月)に落下現場を視察します。
    彼は1998年以来、ケーブルカー災害調査委員会を結成すると発表しています。
    当時の事故はケーブルカー搭乗者20名が低空飛行中の米軍軍用機の低空飛行によりケーブルカーのサポートケーブルを
    誤って切断した事故がありました。

    政府含む関係機関は何故このような事故が起きたのか原因を徹底的に調べ尽くす。と
    ジョヴァンニーナ(誰?)は記者団に語った。
    このケーブルカーは2014年と2016年に大規模なメンテナンス作業を実施した記録があります。
    定期点検は専門の技術者により2017年と2020年に行われています。
    イタリアのメディアは、壊れたケーブルは寿命を終え2029年に交換されるだけだと報じています。(2029年までは閉鎖か)
    尚、このケーブルカーには最大40名まで搭乗できますがコロナ対策のため制限が敷かれ
    人数制限がされていました。
    コロナパンデミックの為長い間閉鎖されていた後のサービス開始直後に発生した事故でした。(イタリア)

  2. 「コロナパンデミックの為長い間閉鎖されていた後のサービス開始直後に発生した事故でした。」
    運行停止期間にメンテナンスを怠って、何かが起きたんだろうなあw
    テスト運航とかしてないんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。