【倒壊】12階建マンションが突然崩落、99人が安否不明。監視カメラが捉えた「倒壊の瞬間」

【倒壊】12階建マンションが突然崩落、99人が安否不明。監視カメラが捉えた「倒壊の瞬間」



【倒壊】12階建マンションが突然崩落、99人が安否不明。監視カメラが捉えた「倒壊の瞬間」

6月24日の深夜1時30分ころ、フロリダ州で12階建てのマンションの一部が突然、崩壊した。建物は1981年に造られたものだという。

【映像】監視カメラが捉えた「12階建の建物が崩壊する瞬間」

地元紙「マイアミ・ヘラルド」によれば、タワーの約55室が崩壊し、136部屋を抱える別棟の住民たちは避難している。25日現在、居住者のうち99人とは連絡が取れておらず、3人の死亡が確認されている。冬用にマンションを所有している人もいるため、実際に何人が部屋にいたかは不明だという。

捜索・救助活動が続いている現場では、残された建物からコンクリートの断片が剥き出しになっている。監視カメラが捉えた映像では、まず中央部が崩れ落ち、その後、残っていた部分もバランスを失って崩壊した。同紙は「9.11を彷彿とさせる光景」と書いている。

ほとんどの住民が寝ている時間帯だった午前1時30分頃に突然起きた事件について、マイアミ・デイド郡のダニエラ・レヴィン・カヴァ郡長は「想像を絶することです。ひどい、ひどい悪夢です」とマイアミ・ヘラルド紙に語っている。

また同紙は、近隣住民の声も伝えている。ある住民はベッドで寝ているときに大きな音を聞き、激しい雷雨だと思ったという。しかし、その後ふたたび轟音がして激しく部屋が揺れ、「何があったんだ」と子供が部屋に駆け込んできたと話している。

窓の外の景色は完全に埃まみれで、玄関のドアを開けると「隣の人のアパートがなくなっていた。すべてなくなっていたんだ」。廊下だった場所が消え去っていたため、自分たちの部屋も崩落するのではと不安になり、すぐに非常階段を降りたという。

マンションの崩壊はなぜ起きた?
関係者によると、マンションは構造上の完全性を確認するために必要な40年目の点検を受けている最中だった。建物の屋上も修理されており、街の役人が進行状況を確認していたという。

崩壊の原因はいまだ不明だが、地盤沈下を問題視する声もある。フロリダ国際大学のシモン・ウドウィンスキ教授らの研究によると、建物は1993年から1999年まで年間で2ミリほど地盤沈下していたという。だが教授は同紙の別の記事で、今回の崩壊との関連性を否定している。

またコンクリート修理の専門家は、塩水によるコンクリートの剥離により、内部の鉄筋が錆びて膨張し、それがさらにコンクリートの剥離を進める悪循環の現象を指摘している。

修理エンジニアであるグレッグ・バティスタは「コンクリートのがん」と表現し、「がんが広がることでコンクリートが壊れ、時間の経過と共にその箇所がどんどん脆弱化していく」と指摘。彼はそれ今回の事故の原因ではないかと話している。
(アメリカ)
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ad7553758cfa47b529647665948fc178487a798c

Author: shock

6 コメント “【倒壊】12階建マンションが突然崩落、99人が安否不明。監視カメラが捉えた「倒壊の瞬間」

  1. 最初爆破か思った、んで竹中平蔵さんクラスの悪人、あ、いや要人でも住んでたのか思った・・・

  2. え?解体じゃなくて?倒壊なの? 綺麗に崩れたな。韓国の三豊百貨店みたいな感じかw
    塩害程度で、こんな風に崩れるか? 日本の海沿いの建物はみんな崩れるじゃないかw
    手抜き工事しか有り得ないだろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。